backtotop

金運を上げるための私のお財布ルール

風水を100%信じているというとウソになりますが、信じるものは救われる、だからやって損はないと思っています。
特にお財布については私なりのルールが5つあり、10年以上それを実施しておりますので、ご紹介します。

1)お財布のカラー:お財布を買う場合、色は基本的に黄色を選びます。時々茶色もありましたが、黄色に近い茶色です。もちろん黄色は金運UPのカラーだからです。なるべく汚れないように使いますが、汚れたら買い換えます。

2)新しいお財布にする時期:新しいお財布にするのは2月4日過ぎからと決めています。「張る」財布といって、パンパンに張るをイメージさせる「春」に新調するとよいと母から教えてもらいました。この場合「春」とは旧暦の春、節分の翌日である2月4日から立夏前である5月初めまでのことです。なるべく大安や新月の日を選びます。大安は言うまでもなく何をしても良い日です。新月はこれからパワーがみなぎる日といいます。

3)整理整頓:お財布の中は毎日整理整頓します。不要なレシートは家計簿をつけたらすぐに捨てます。お金だってきれいなお財布のところにやってきたいですから。

4)お札やカードの向き:お札やカードは頭を下にして入れます。入ってきたものを簡単に出ていかないようにするためです。ポイントカード類もなるべく最小限しかお財布には入れません。

5)お財布のベット:夜はお財布も暗いところで寝かせてあげるようにします。夜は引き出しなどの暗いところにしまい、お財布を休めます。お金は暗いところが好きなんだそうです。

これが私なりの5つのルールです。

これ以外に、お財布を買ったらまずはできる限りたくさんのお金を入れて、お財布にお金の量を覚えさせるということもあるようです。私はやっておりませんが。。。
また使わなくなったお財布ですが、金運の悪かったと思うお財布はお疲れ様とお礼を言って、新聞紙に包んで捨てます。金運の良かったお財布は人にあげたり、暗いところにしまっておいたりします。

この10年を振り返ると、総じて私の金運は悪くなく、まあ中吉くらいでしょうか。
風水を信じていない人も、やって損はないので、1つでもいいからやってみてはいかがでしょうか。